全国の競馬場では、初心者向けのセミナーが無料で開催されています。

初心者向けセミナーのすすめ

各競馬場では初心者向けセミナーを頻繁に開催しています。
受講料は基本的に無料で、予約しなくても手軽に受けられるケースも多数あります。

 

しかし、わざわざ競馬場などへ足を運ばなくても、競馬の基礎知識はネットからの情報収集で手軽に知ることができます。

 

実際に初心者を対象に無料で受けられる競馬セミナーの大半は、ネットに出ている情報ばかりです。
それでも初心者向けセミナーをすすめる理由は、競馬予想に必要なポイントをシンプルかつ分かりやすく教えてくれることです。

 

競馬予想は奥が深い

競馬新聞の読み方を学ぶ


初心者の方はオッズ過去の成績騎手など競馬予想に必要な要素は多くても5~10点程度だと思っていませんか?
実際に競馬予想に必要な要素は数十以上あると言われています。代表的な事例をご覧ください。

 

競馬予想に必要な要素

血統、馬体、脚質、調教、体調、騎手、馬場状態、移動、レースローテーション、距離適正、コース適性、予想ペース、相手との相性、斤量、枠順、馬場状態、運営の思惑、各種データ、オッズ、出走頭数、馬の気性・性格

 

 

血統だけで見ても、母と父の特性や相性のほか、祖父母やその先の血統など、極めようとすれば非常に奥が深いです。

 

プロの予想師でも、全ての要素を1人で完璧に極めている人は少なく、全ての知識を浅く身につけるだけでは勝てないのが競馬です。

 

ネットでできる手軽な情報収集と初心者向けセミナーの1番の違いは、優先順位を明確に提示するかです。

 

競馬予想のいろはを解説するサイトの多くはアフィリエイトによる広告収入やブログランキング、検索エンジンの上位表示による自己満足のために多くの方に見てもらおうとします。

 

そうすると必然的に検索エンジンで上位表示される解説サイトは、情報量が多くなりすぎて初心者を混乱させる事態に陥ってしまいます。

 

一方で初心者向けセミナーは、初心者が勝率を高めるために必要な情報シンプルかつ簡潔に教えてくれます。

 

多くのセミナーは20分から1時間程度の短時間で終了しますが、中級者へのレベルアップに向けて初心者を導いてくれるため、ネットによる独学で数時間勉強するよりも大きな成果を得られます。

 

 

基本を抑える必要性

初心者こそ基本を大事に


競馬予想を極めるには基礎を固めてから、幅広い予想の要素を広く浅く覚えて行き、人によっては特定の手法を磨いていく流れになります。

 

基礎知識がしっかり身につけていない中で血統パドックの見方データ分析など難しい予想手法を徹底的に勉強すると、凡ミスによる取りこぼしをするリスクが高まります。

 

状況によっては数十時間にわたって勉強と独自研究した人よりも、30分のセミナーを受けただけの初心者の方が期待値の高い予想をできるようなります。

 

また、競馬予想は臨機応変に優劣反転を見極めるテクニックも求められるので、プロ(セミナー講師)による口頭での説明は文章による解説よりも圧倒的に分かりやすいです。

 

競馬予想は極めるために必要な要素が多く、最初の一歩を間違った方向に踏み出すリスクが大きいため、ネットによる独学よりも初心者向けセミナーへ参加することを強く薦めます。

TOPへ