競馬が最も盛り上がるG1シーズンは、4~5月と10~12月です。

競馬が盛り上がるシーズン

競馬が盛り上がるシーズンは秋から冬のはじめで、具体的な時期は4~5月10~12月です。

 

春と秋のベストシーズンはG1のビッグレースが多く、注目馬が続々と参戦します。
中央競馬の場合は、ほぼ毎週末に重賞が開催されていますが、冬と真夏はG2やG3が中心で有力馬の多くは放牧に出すなどコンディション管理を行う期間になっています。

 

中央競馬のG1スケジュール

2020年のG1スケジュールをチェック


2020年のG1開催月を一覧にまとめました。

 

1月
  • なし

 

2月
  • 17日:フェブラリーS

 

3月
  • 24日:高松宮記念
  • 31日:大阪杯

 

4月
  • 7日:桜花賞
  • 13日:中山グランドジャンプ(J・G1)
  • 14日:皐月賞
  • 28日:天皇賞(春)

 

5月
  • 5日:NHKマイルカップ
  • 12日:ヴィクトリアマイル
  • 19日:オークス
  • 26日:日本ダービー

 

6月
  • 2日:安田記念
  • 23日:宝塚記念

 

7月
  • なし

 

8月
  • なし

 

9月
  • 29日:スプリンターズS

 

10月
  • 13日:秋華賞
  • 20日:菊花賞
  • 27日:天皇賞(秋)

 

11月
  • 10日:エリザベス女王杯
  • 17日:マイルチャンピオンシップ
  • 24日:ジャパンカップ

 

12月
  • 1日:チャンピオンズC
  • 8日:阪神ジュベナイルF
  • 15日:朝日杯フューチュリティS
  • 21日:中山大障害
  • 22日:有馬記念
  • 28日:ホープフルS

 

 

中央競馬の主要7レース

2019年の中央競馬は以下の7競走のみ前々日の金曜発売を行っています。

 

皐月賞、天皇賞(春)、日本ダービー、菊花賞、天皇賞(秋)、ジャパンカップ、有馬記念

 

金曜発売を行うのは、それだけ注目度と売上が高いからです。
G1の中で特に大きなビッグレースが行われる時期を見ても、春と秋の競馬が盛り上がることがよく分かると思います。

 

 

注目度が高いレースのカテゴリー

競馬には3冠など複数のレースをセットにしたカテゴリーが存在します。中央競馬のG1をカテゴリー別にまとめました。

 

クラシックレース(3つ勝つとクラシック3冠の称号)

皐月賞、日本ダービー、菊花賞

 

牝馬クラシックレース(3つ勝つと牝馬クラシック3冠の称号)

桜花賞、オークス、秋華賞

 

秋の3大ビッグレース(3冠の称号はないが有力馬は同じローテーションで回ることが多い)

天皇賞(秋)、ジャパンカップ、有馬記念

 

牝馬最強決定戦

ヴィクトリアマイル、エリザベス女王杯

 

スプリンター最強決定戦

高松宮記念、スプリンターズS

 

マイル最強決定戦

安田記念、マイルチャンピオンシップ

 

ダート最強決定戦

フェブラリーS、チャンピオンズC

 

ドリームレース(ファン投票で出走馬が決まる)

宝塚記念、有馬記念

 

 

ちなみに競馬の中でもっとも勝利の名誉が大きいと言われるのは日本ダービーで、毎年馬券の売上ランキング1位を獲得しているのは有馬記念。

 

そのほか、天皇賞(春・秋)やジャパンカップ、宝塚記念他のG1より売上が大きいです。

 

G1開催数や注目レースを見てもらえれば、競馬が盛り上がるシーズンはで、特に4~5月と10~12月はアツイことが分かると思います。

 

特に10~12月は毎週のように注目度の高いG1競走が開催され、売上がもっとも高くなるなる時期です。

 

 

ベストシーズンを勝つには下積みも大事

ベストシーズンを勝つための下積み


競馬が盛り上がるシーズンはビッグレースが多いですが、ビッグレースの時だけ馬券を買うよりも、その前から定期的に競馬予想をして注目馬を追いかけていた方がチャンスがあります。

 

クラシックを狙うなら前年からの新馬戦条件戦トライアルレース
秋のビッグレースを狙うなら夏競馬冬競馬で力をつけた馬を見つければ穴馬券を的中できるかもしれません。

 

TOPへ