競馬はJRAと地方競馬で、コース内容や開催日時に違いがあります。

JRAと地方競馬の違い

競馬は大きく分けてJRA(中央競馬)と日本各地に点在する地方競馬の2種類があります。

 

JRAと地方競馬は主催者が異なり、
JRAは日本中央競馬会(日本国政府が資本金の全額を出資する特殊法人)
地方競馬は都道府県や市町村の自治体が運営しています。

 

つまり、JRAは国が運営する競馬、地方競馬は地方自治体が運営する競馬になり、当然規模はJRAが大きいです。
このほかにも、開催日、券種、コースなどに違いがあります。

 

 

競馬場の違い

JRAの競馬場

中央競馬が開催される競馬場一覧

函館、札幌、福島、新潟、中山、東京、中京、京都、阪神、小倉

 

地方競馬が行われる主な競馬場

帯広・門別(北海道)、盛岡・水沢(岩手)、浦和、船橋、大井、川崎、金沢、笠松(岐阜)、名古屋、園田(兵庫)、姫路、高知、佐賀

中央競馬は全ての競馬場で芝コースとダートコースを併設していて、大きなレースは芝コースを使う比率が高いです。

 

地方競馬は盛岡を除き全てダートコースのみしか設置されていません。

 

また、中央競馬の中でもG1が行われる主戦会場の中山、東京、京都、阪神は全般的にコースが広いのに対して、地方競馬は中央競馬で使われる競馬場に比べると直線が短くて小回りのコースが多いです。

 

地方競馬の方が波乱が起きやすい?

波乱が起きやすい地方競馬


地方競馬は全体的にコースが狭いので展開による優劣が出やすいです。

 

ただし芝コースのような走行ラインによって馬場状態の変わる要素が少ないため、先行して好位ポジションを取った馬の有利が大きいので、強い馬が無難なレース運びをすれば負ける要素が低いです。

 

1レースあたりの平均出走頭数が多いJRAの方が平均配当は高く、地方だから荒れやすいと一概に言い切ることはできません。

 

ひとつ言えることは地方競馬はJRAとは違う予想の要素があり、なかにはJRAで散々負け続けた人が地方競馬を始めて大きな利益を出す事例もあります。

 

また、地方競馬は中央競馬に比べてメディアの扱う情報量が少ないので、一部の独自取材をしたメディアやプロ集団が有利だと言われています。

 

初心者の場合は中央競馬から始めるのが無難ですが、地方競馬には中央競馬とは違った魅力があります。

 

開催日の違い

JRAは基本的に土日(一部で月曜の祝日)の日中に開催されています。

 

地方競馬は中央競馬と日程を被らないようにするため平日が中心です。

 

基本的に土曜日は全休になり、日曜日のナイターから平日にかけて3~6日ほどの連続開催をするケースもあります。

 

会社員が週末の副業で始めやすいのはJRAですが、昨今はネット投票の普及でJRAと地方競馬を問わず、どちらでも手軽に投票できるようになってきました。

 

予想や馬券購入など競馬を楽しめる時間帯によってJRAと地方競馬を使い分けても良いでしょう。

 

地方競馬のメリットとは

地方競馬の本来のメリットは地域密着型手軽に現地観戦できることでした。

 

競馬場での現地観戦にこだわり、近隣で地方競馬の開催される競馬場がある方は、積極的に地表競馬を活用してください。

 

投資やギャンブルに近い感覚で期待値を重視する場合はJRAと地方競馬で、それぞれ一長一短があります。

 

全国から複数の地方競馬を投資対象にできるのであれば、JRAよりもレース数が多いので勝てるスキルを身につければ複利効果で大きな収益をあげられます。

 

また、地方競馬は実力に対してオッズが高い狙い目の穴馬が現れやすいので、中級者以上の予想スキルを身につけると勝てるチャンスが大きくなります。

 

昨今は手軽に現地観戦することよりも、ネット投票を活用してアクティブに馬券投資したい方が地方競馬を利用する需要が拡大しています。

TOPへ