馬主は収益性だけではなく、馬主の特典と競馬のスポーツ性に魅力を感じています。

馬主の魅力

競馬は馬券購入のほかに馬主になれる投資法があります。
JRAの馬主になるには直近2年連続で年収1,700万円以上、保有資産7,500万円以上の厳しい審査基準がありますが、昨今は数千円から手軽に馬主へなれる一口馬主が流行しています。
馬主になる投資法は儲かるのか?そして馬主にはどのような魅力があるのか徹底調査しました。

 

G1に勝てば1億円オーバー!?

大量の一万円札

競馬の賞金は配分比率が決まっていて、馬主は賞金の80%を受け取れます。(馬主80%・調教師10%・騎手5%・厩務員5%)
G1の優勝賞金は大半のケースが1億円以上で、ジャパンカップと有馬記念は3億円です。
G1へ出走する時点で相応の結果を残しているので、保有している馬がG1ホースになれば馬主はほぼ確実に1億円以上を受け取れることになります。

 

個人馬主の成功事例では、大物演歌歌手の北島三郎氏が所有していたキタサンブラックが歴代最高賞金を獲得して話題になりました。
北島三郎氏は馬主歴50年以上のベテランで、良血馬は買わないスタイルを長年貫いています。
キタサンブラックも血統が良くなかったため競りの落札価格は350万円。そこから歴代最多の獲得賞金18億円以上の名馬へ成長し、馬主名義の個人事務所には15億円以上のお金が入ったと言われています。

 

ただし、キタサンブラックのような格安馬が大成功するのは珍しいケースで、過去にはセレクトセールで歴代最高落札額の6億3,000万円の値がついたディナシーがデビューできずに終わるなど、数億円の投資をしてほとんど回収できないケースも珍しくありません。

 

また、馬主は落札価格以外にも厩舎でトレーニングを行う費用(月60万円前後)を負担する必要があるので、確実性のある投資をするには購入する馬をしっかり見極めて、常時多数の馬を保有する必要があります。

 

一口馬主にも夢がある

1頭を複数の個人で共同保有する一口馬主は、口数に応じて賞金が分配され、入厩料などの維持費も他の馬主と折半になります。
手軽に馬主へなれる一方で、一口馬主には期待できる馬が回ってこないのではないかと懸念する方が多いです。
しかし、昨今は一口馬主から大成功する事例が増えています。一口馬主から成功した名馬の一例をご覧ください。

 

  • オルフェーブル
  • アーモンドアイ
  • ジェンティルドンナ
  • ブエナビスタ

 

このように、歴代獲得賞金上位に入るような名馬の一口馬主も多く、大成功した馬へ投資した人は大きなリターンを手に入れています。
また、名馬と呼ばれるだけの活躍をしていなくても、取得価格が安い中で重賞に勝って大きなリターンを実現した事例が多数あります。

 

馬主の特典

子供の競走馬

馬主になる人の多くは収益性だけではなく、馬主の特典と競馬のスポーツ性に魅力を感じています。
馬主の主な特典をご覧ください。

 

  • 馬主専用観戦席の利用
  • 馬主専用駐車場の利用
  • 保有馬出走時へのパドック馬主エリアへの入場
  • 保有馬勝利時のウイナーズサークルでの記念撮影&口取り式
  • トレセンへの入場
  • 保有する馬の戦略、出走レースの指示

 

専用観覧席の利用に関しては、馬主協会の会員にならないと特典を受けられないことがあるので注意しましょう。
一口馬主はウイナーズサークルでの記念撮影以外の特典を受けられないことがあります。
馬主になるのは、プロスポーツチームのオーナーになるような物で、保有する馬の出走するレースに関しても馬主が決定権を持っています。

 

仮に国内屈指の名馬へ成長した場合に海外挑戦するかは、馬主の判断次第になります。
保有する馬が勝利を挙げて成功していった時には、賞金の8割を受け取れるお金以外の興奮と達成感を感じられることが馬主最大の魅力です!

TOPへ